MENU

レディースシェービングサロン

◆定休日 (火)、年末年始

※定休日・休業日・営業時間外のお問い合わせは
翌営業日以降のご返信となります。

◆お問い合わせ先

\ショートメールもOK/

※施術中は出られません

※営業電話が多いため折り返しのお電話はしておりません

◆アクセス

〒158-0083 
東京都世田谷区奥沢5-9-13 Triplet102号室

※マンション入口分かりにくいので迷われましたら
お電話ください!

Googleマップはコチラ>>

◆公式SNS情報

レザーというカミソリで剃ります。

※本ページにはプロモーションが含まれています

「どんなもので剃ってるんですか?」
「見せて欲しい!」と言われるお客様も
たまにいらっしゃいますが
理容師が使うレザーと言う
カミソリでお剃りします。

物凄く特殊と言う訳でもなく
楽天とかでも買えます(笑)



ちなみに『レザー』と検索すると
革製品のレザーが出て来るので
『レザー カミソリ』とかで
検索すると出てきやすいです!

店長ゆうこりん

画像のレザーは私の大事な
仕事道具でブルーは専門学校で
配布されたもの
ピンクは床屋さんに就職して
レディースシェービングを

始めるとき気合を込めて買ったのものです。

メーカーなどにより
形状やデザインが異なりますが
私のは『フェザーアーティストクラブRGレザー』
言うやつです!(廃盤みたいです(+_+))

目次

替え刃式シェービングレザー

日本剃刀本レザーと言って
包丁などのように研いで使う
カミソリが主流でしたが
研ぐ技術の習得など利便性などから
今は替え刃が一般的になっています。

こんな風に分解して刃を替えられます!
分解出来ることで消毒がしやすく衛生的です♪

ストラッピング
新しい刃はささくれなど
お肌への当たりがザラ付くので
ストラッピングと言って刃を
手の平で(なめ)します

現在の刃はキレイに作られてるので
鞣す必要はないのですが

店長ゆうこりん

専門学校で教わってから今でも
「キレイに剃れますように!」と
おまじないみたいな感覚で
私はストラッピングしています(#^^#)

若い方は知らないかもしれませんが
志村けんさんが床屋さんのコントで
ひとみばあさんだったかなぁー?
カミソリを馬の革で鞣す
皮砥ストラッピング(ほぼカミソリを振り回してた(笑))
オーバーにやり「危ない!危ない!」と
やっていたのですが
皮砥自体を消毒出来ないことから
今は飾りとして置いてる床屋さんが
多いようです。

持ち方が特殊

慣れるも慣れないも実家が
床屋さんでもない限り
見るの触るのも初めてなので
教わった通りに持つのですが
段々とオリジナリティが出ます(笑)

ピョンと出てるシッポみたいなとこに
小指を掛けるのですが
そのまんま『小指掛け』と言います。

調子に乗って色んな角度から
写真を撮ったので載せますが
これ需要ありますかね?(笑)

手で剃ると言うよりは
手首のグリップで剃ります。
手を仕事にされてる方は基本的に
そうかもしれませんが
手首の柔らかさ、柔軟性が
メチャクチャ大事です!

店長ゆうこりん

手を動かして剃るのではなく
レザーの重みで滑らせて剃る
お剃りするとき常に頭にある言葉です。

替え刃にも色んな種類がありますが
当サロンは女性のお肌や産毛に特化した
『フェザー プロフェッショナル ソフトガード』を使っています。
安全ガードがない替え刃などサロンさんによってこだわりがあるのでサロン選びの参考に★

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次